【福祉パステルアートインストラクター紹介 】vol.6 しまめぐりたかこさん

日本福祉パステルアート協会
パステルアート1級インストラクター
しまめぐりたかこさん

たかこさんが福祉パステルアートインストラクターになったきっかけは、
たまたま目にしたパステルアートの色彩やスタイルから、
心の癒しを感じ、強く惹かれたからだそうです。

そして、誰にでも出来る手軽さにより、多くの人に楽しみを広げることが出来るのでは?
という可能性を感じてインストラクターを取得し、活動を開始しました。

たかこさんのワークショップで、参加者の方々が一番に体験できること。
それは、色彩や絵から自分の本来の姿を再確認することなのです。

絵を描く過程の中で、新しい自分を発見したり、
自分で創っていく作品への想いでワクワクが止まらない!
という素敵な体験をすることが出来ます。

「パステンシル」の魅力について、たかこさんは
“絵に苦手意識を持つ人も、パステルアートを楽しめること”
だといいます。

実際に、ワークショップではこんな印象的な出来事が。
90代の方や障害を持つ人に、パステルアート体験をしていただいたときのこと。
初めは、今までの過去の経験などから、
パステルアートにチャレンジをする事を躊躇されていたそう。
それでもいざ体験をしてみると、ご自身で素晴らしい作品を描けた事で、
とても満足し、嬉しそうなステキな笑顔を見せてくれたのだとか。

たかこさんはその姿から、
誰でも、いくつになっても、どのような時でも、自信を持ち、輝けるのだ
という事を教わったように感じたのでした。

別のワークショップに参加した方からも
「楽しかった!」「自分の絵が好きになりました!」
「運気が上がったように感じます!」
など、
やって良かったというお話をたくさん伺うそうです。

中には、初めてパステルアートを経験された人が、
「とても楽しかったので、早速道具を揃えました!」
嬉しそうに揃えたパステルを見せて下さったこともあるほど。
道具を揃えてしまいたくなるほど、楽しいワークショップを毎回開催されています。

たかこさんにとっても、そういう笑顔が最高の喜びであり、
参加者の方たちの喜びの声が、とても嬉しく励みにもなっているそうです。

そして、たかこさん自身、インストラクターを取得し、
パステンシルを使って絵を描くことで
自分を表現することが自然とできるようになったと感じているとのこと。

これからも、もっと多くの人たちに
パステルアートの楽しさや嬉しさを感じていただける機会を
作っていきたいというたかこさん。

自分の心を思い切り開放し、
自分だけの個性を表現できる楽しさいっぱいのワークショップ。
あなたもそのワクワクを体験しに、ぜひ足を運んでみてください。

≪しまめぐりたかこさんの教室≫
パステルアート華龍(かりゅう)
・場所:群馬県太田市周辺のカフェ
・時間:1~2時間
・金額:一人1000円(材料費込)

≪教室へ参加される方へのメッセージ≫
あなたの個性は他の人にないものです。それをわかりやすく表現できるのも、パステルアートです。是非個々のステキな心を開放してみて下さい。心から楽しむことが出来ると思います。

≪問合せ先≫
・しまめぐりたかこ
・Facebook:Takako Shimameguri