「やる気回路」が育つ簡単ドーパミン活用法

人が嬉しい、楽しいと感じた時に、脳内では快楽を司るドーパミン・別名やる気ホルモンが分泌されます。
ドーパミンは、「がんばろう」とか「やってみよう」というやる気だけでなく
思考力や決断力もアップさせます。
しかしこのドーパミンの分泌量、5歳を境に少しずつ低下するとのこと。
若い時から成功体験を得ていると、この分泌量が高められるそうです。
脳科学者の澤口俊之先生によると、
中でもがんばったことを「褒められる」という報酬が何より貴重な体験になるのだそう。

褒めるときの重要なポイントは、「がんばった」プロセスを褒めること。
努力や熱意を褒めることで、やる気の回路が育つということです。
そして、努力を褒められて育つと
たとえ失敗したとしても「方法を変えてみよう」などと考え
チャレンジを繰り返すことが出来るのだそうです。

ドーパミンは他にも
○目標を達成したとき
○新しい発見をしたとき
○感動したとき
○想像力が広がったとき
などに分泌されるのだそうです。

がんばりを褒めることで小さな成功体験を積み重ねて
やる気回路を育てていきましょう!

出典:
脳科学から見えてきた!やる気を高める4つの方法

医療法人横山クリニック元気新聞No.4