技能習得を加速させるのは○○

運動トレーニングを行った際に他人から褒められると、“上手”に運動技能を取得できることが科学的に証明された研究があります。

この研究結果は、米国科学誌「PLOS ONE」(電子版、11月7日号)に掲載されています。

自然科学研究機構生理学研究所の定藤規弘教授らの研究グループは、48人の成人に対しある実験を行いました。
まずはじめに30秒間のうちにキーボードのキーをある順番に出来るだけ早く叩くという、連続的な指の動かし方を覚えてもらいました。
この指運動トレーニングの直後に被験者を

①「自分が評価者から褒められる」グループ
②「他人が評価者から褒められるのを見る」グループ
③「自分の成績だけをグラフで見る」グループ
の3つに分けて、「褒められ実験」を行いました。

すると、①の「自分が評価者から褒められた」グループは
翌日のテストの際に、他のグループに比べてより上手に指運動技能が取得・記憶できているということが判明したそうです。

この実験によって、教育やリハビリテーションの現場で、運動トレーニングによる運動技能の習得をより“上手”に促すためには、“褒める”ことが効果的であることがわかりました。

“褒めて伸ばす”というのは科学的にも証明されているんですね。
これからの社会は、お互いに素敵なところを見つけて
伸ばし合っていきたいものですね。

出典:
NIPS生理学研究所2012.11.08プレスリリース