ストレスをあなたの応援団にする方法・前編

「ストレス」と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?
医療従事者であった私は、「ストレスは病気を引き起こすものだ」という考えをずっと当たり前のように持っていました。

『スタンフォードの自分を変える教室』の著者であり、健康心理学者であるケリー・マクゴニガル氏もまた
長年“ストレスは病気の原因になる”と言ってきたそうです。
ところがある研究の結果によって、この考えを根本から考え直すことになったというのです。

この研究は“アメリカで3万人の成人の動向を8年間追跡調査したもの”
“まず 「去年どれ位ストレスを感じましたか」 「ストレスは健康に害になると信じますか」 といった質問を参加者に答えてもらい”
後に“公開されている死亡記録を使って参加者の誰が亡くなったか調べる”というものです。

結果はどうなったのでしょうか?

まず、”前年にひどいストレスを経験した人たちは 死亡するリスクが43%高かった“とのこと。
ただしこのことは、“ストレスが健康に害を及ぼすと信じていた人たちだけに言えること”だったそうです。
反対に、“ひどいストレスを経験しても、ストレスが無害だと思う人たちの死亡リスクは上がるどころか、ストレスが殆どなかったグループと比較しても研究参加者の中で最も低いものだった”というのです。

死亡者数を8年にわたり追跡調査した結果、“18万2千人のアメリカ人がストレスからでなく、ストレスが体に悪いと信じていた事によって死期を早めた”と推定されました。

では、ストレスに対する考えを変えれば、体の反応を変えることができるのでしょうか?

これに対する答えもまた、科学ではYESなのだといいます。

ハーバードの研究で、
社会的ストレステストを実施する前に、“ストレス反応は体に活力を与え、チャレンジに立ち向かえるように 準備をしているのだ”と参加者たちに教えました。

そうしてストレス反応が“能力を発揮できるように助けていると捉える様になった参加者は、ストレスや不安が少なく、もっと自信を持てるようになり”
普通ストレスがあると収縮してしまう血管が“リラックスしたまま”という身体的反応の変化まで見られたというのです。

「ストレスは悪いもの・取り除くべきものというより、チャレンジに立ち向かうために自分を助けているもの」
こんな風に捉えることで、ストレス反応が健康的なものに変わるというのは驚きです。

次回はストレス反応のもう一つの側面についてもご紹介します。

出典:
TED ケリー・マクゴニガル 「ストレスと友達になる方法」