子どものタイプによる褒め方の違いとは?

パステンシルというオリジナルの型紙を使って絵を描く
福祉パステルアートは
誰でも簡単に出来ることが大きな特徴ですが
出来上がった絵はそれぞれ、まったく違う世界観になります。

どうしてそんなことが起こるかというと、
色の好みの違いからはじまり
指の細かな使い方、力加減
そして性格や価値観までもが
人それぞれ大きく違うからです。

作品を作っていく過程も人によって大きく異なっていて
それが褒め方、声かけの仕方の違いに繋がっていきます。

1000人以上の小学生に講座を行った経験からこれらを分析すると大きく3つのタイプに分類することができます。

タイプ別の接し方を知っているかいないかで
参加者の反応や満足度が大きく変わりますので
今後人気の講座を開きたいと考えている
インストラクターの方は
ぜひ活用していただきたいと思います。

具体的なタイプと接し方は次回に続きます。