「褒められること」は脳にとって「お金をもらう」のと同じこと!?

誰かに褒められることが、脳にとってはお金をもらったときと同じように「喜び」であるということが明らかになった研究があります。

生理学研究所の定藤規弘教授の研究チームは、2008年4月24日付けの米国脳神経科学誌「ニューロン」において、他人に褒められると、脳はお金をもらった場合と同じ部位が反応するという研究結果を発表しました。
これは、褒められることが実際に脳においては「喜び」となり、「報酬」としてとしてお金などと共通に受け取られていることを明らかにした世界で初めての研究成果です。

研究チームは男女19人を対象に、褒められたときと、お金をもらったとき、それぞれの脳の反応を機能的核磁気共鳴機能法(fMRI)を使って比較。
褒められたときとお金をもらったとき、どちらも同じく脳の「線条体」という特定の部位が反応していることがわかりました。

脳にとって褒められるということは、お金をもらうくらい嬉しいことなんですね。
褒めるのはお金もかからないし、色々工夫してみるとおもしろいです。

人はお互いに意識して、脳に喜び貯金をしていきたいものですね。

出典:
NIPS生理学研究所2008.4.24プレスリリース

Neuron, Vol 58, 284-294, 24 April 2008
Processing of Social and Monetary Rewards in the Human Striatum
Keise Izuma,Daisuke N. Saito,and Norihiro Sadato