ひろしまこども夢財団★papamama smile club 親子でパステルアートに挑戦しよう!

新年あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって素晴らしい一年になりますように☆

ひろしまこども夢財団さまよりご依頼をいただきまして
ラジオ出演した際のテキストがアップされていますのでご紹介します。

『親子でパステルアートを楽しむコツ』についてお話しています。

ひろしまこども夢財団★papamama smile club「親子でパステルアートに挑戦しよう!」

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*

【木村DJ】
DAYS!。ここからの時間は,パパやママの楽しい子育てをバックアップ!「ひろしまこども夢財団~papamama smile club~」のコーナーです!

【徳永DJ】
今日のpapamama smile clubは、そう、芸術の秋!ということで、「親子でパステルアートに挑戦しよう!」というテーマです。
スタジオには、イノベーションアート田中 亜希(たなか あき)さんです。宜しくお願いします!!

【田中さん】
こんにちは

【徳永DJ・キムラDJ】
よろしくお願いします!

【田中さん】
よろしくお願いします!

【キムラDJ】
まずは事項紹介をお願いいたします!

【田中さん】
はい。私は、子どもから大人まで、絵が苦手でも簡単、かわいく描ける「パステルアート」に使うオリジナルの型紙の製作・販売と、講師をしています。
私は以前、臨床検査技師として病院に8年間勤務していたんですけれども、病気になって来る方をずっと見てて、病気になる前に何か対処できないものだろうか?と、働きながらずっと考えていました。
病気の原因というのは、ストレスとか心の問題からくることが多いので、ここに何か働きかけられないかと探求しているうちに、「色がもたらす作用」というものに興味を持って、カラーセラピーなどを勉強したのちに、パステルアートにたどり着きました。

【徳永DJ】
パステルアート…聞いたことある方も、まだないよっていう方もいらっしゃると思います。

【キムラDJ】
そうですね~

【徳永DJ】
パルテルアートっていうものはなんですか?

【田中さん】
パステルアートというのは、パステルという画材があるんですけど、それを網で削って粉にして、その粉をゆびにつけて、フリーハンドで塗ったり、あと型紙の中を塗って描いていくアートなんです。
指でする塗り絵のようなものと思っていただければいいと思います。

【徳永DJ】
じゃあ、お子さんでもできそう!

【田中さん】
パステルは、ふんわりした色あいが出せるのが特徴で、年齢を問わず親子揃って楽しんでいただけます。
通常、型紙は自分で下絵を描いてカッターで切って作らなきゃいけないんですけど、イノベーションアートでは、子どもから高齢者の方に簡単に楽しんでいただけるように、あらかじめ色々な形にくり抜いてある型紙を用意して、簡単に楽しんでいただけるように講座を行っております。

【キムラDJ】
スタジオにね、その型紙をご用意していただいたんで、見せてもらってもよろしいですか?

【田中さん】
どうぞ

【徳永DJ】
あ!これはカープ?鯉?

【田中さん】
鯉ですね(笑)

【キムラDJ】
木だ、この下は…木に見えますよ

【徳永DJ】
そうですね~
これは厚紙を田中さんがカッター等で切り抜いているものなんですか?

【田中さん】

これは専門の業者が切っているんですけれども、ちょっと作るのは難しいデザインでもできるようになっています。

【キムラDJ】
金魚じゃないですか、これは?

【徳永DJ】
そうですね

【キムラDJ】
お魚だと思いますよ
広島で言うと、たいたいですよ。小っちゃい子がね!

【徳永DJ】
ハートの形だったり、桜だったりね~
これ、出来上がった作品になるんですか?指でやるんですか?

【田中さん】
指で塗るんですね、その型の中を

【キムラDJ】
その型を塗って出来上がった作品も今見本として…

【田中DJ】
そうですね

【徳永DJ】
陰影がすごくつくんですね!

【田中さん】
はい、そうなんです~。色も変えると結構違う…

【徳永DJ】
あ、これ、この型紙と一緒だ

【キムラDJ】
そうですね

【徳永DJ】
ハートが真ん中にあって、横に桜とか、花びらがある!

【キムラDJ】
これは、ピンクでやると桜に見えるんですけど、こちら、オレンジとかにすると紅葉に見える。おもしろ~い!

【徳永DJ】
そうですね~不思議~
パステルっていうのは、画材の名前だったんですね

【田中さん】
そうなんです、画材の名前が

【徳永DJ】
クレヨンみたいな…

【田中さん】
そうですね、見た目はチョークやクレヨンな感じなんです。

【キムラDJ】
こちら、親子で楽しめる。とお話をうかがったんですけれども、何歳くらいのお子さんから実際できるのかと…絵が苦手だな~っていう人でもできるものなんですかね?

【田中さん】
はい。苦手っていう人でも全然大丈夫です。
うちの講座で一番小さなお客様は2歳の女の子もやったことがあります。

【徳永DJ】
2才!?
じゃあ、ミチタさんのところもそろそろできるんじゃないですか?

【キムラDJ】
あ~でもね、好きかもしれないうちの子。
泥とか好きだから、指でやるのとか楽しそうですもんね。

【田中さん】
子供はすごく夢中になりますね

【徳永DJ】
これって舐めてしまっても大丈夫なんですか?

【田中さん】
一応、大丈夫なマークがついたものなんですけど、食べ物ではないので…

【徳永DJ】さん
気を付けながら

【田中さん】
はい、気を付けながらなんですけども。

【キムラDJ】
じゃあ、お父さんお母さんはそのときは手伝いをする?一緒に描いたり?

【田中さん】
もっと小さいお子さんだったら、削る時にちょっと大変だったりするので、一緒に削ってあげたり…。

【キムラDJ】
粉にするのを手伝うと。

【田中さん】
そうですね。こういったものでするんですけれども…

【徳永DJ】
結構、お料理に使えそうな…

【田中さん】
そうですね、100円ショップに売っているアク取りアミで

【キムラDJ】
アク取りアミ!いいなぁ~

【徳永DJ】
上で、チョークみたいなのをがちゃがちゃ~っと!こすりつけてパラパラ粉にするんですか!

【田中さん】
粉が落ちるので、それを指につけて

【徳永DJ】
楽しそう!

【キムラDJ】
ね~、100円ショップで…

【徳永DJ】
本当に今、100円でと仰ってましたけど、そういった100円ショップで材料は手に入るんですか?

【田中さん】
全部入りますね!

【キムラDJ】
全部!?

【徳永DJ】
この、パステルといったチョークのようなものも手に入るんですか?

【田中さん】
今、これはもう100円ショップで売っていますので

【キムラDJ】
じゃあこれも100円ショップ。上が基本色って書いてあって、下に蛍光色プラス補色って書いてあって…

【徳永DJ】
もちろん、画材屋さんですとか、東急ハンズさんみたいな大きい所ももちろん買えるけど、簡単なものだと100円ショップでも買える。
他って何が必要です?

【田中さん】
アミとパステルと…あと、パステルが指につくのでそれを拭くフキンと、スケッチブックがあればできます。

【徳永DJ】
あら簡単

【キムラDJ】
次も、絵を描くポイントも教えてもらっていいですか?

【田中さん】
まずは好きな色をけずって、思い切って両手で紙いっぱいに塗ってみてください。
それだけでもすごく楽しいと仰いますね、みなさん。
また、塗った上に別の色を塗ってぬり重ねると、お子さんにとっては混色とかグラデーションの勉強にもなりますし、簡単な丸い型紙は家で簡単に作れますので、その型紙の中をいろいろ塗って、例えば、親子で何個ものが作れるか「お団子とか、りんご、みかんとか丸いものが何個つくれるか」という競争をしても楽しいと思います。

【徳永DJ】
まるから何ができるか!

【田中さん】
そうですそうです

【キムラDJ】
おもしろいですよね~
自宅でも、かなり気軽にチャレンジできると…

【田中さん】
そうですね
100円ショップとかで売っている、穴あけパンチとかいろんな形があるので、そういうので穴をパンと穴を開けて、その中を塗っていくとかわいい模様ができたりしますし、消しゴムで消すこともできるので。

【キムラDJ】
じゃあ、ちょっと間違えたーってときも

【田中さん】
ちょっとくらいの間違えなら大丈夫です

【キムラDJ】
アートって言ったら敷居が高い気がするけど、楽しく遊べそうですよね。

【徳永DJ】
お子さんの隠れた才能も見つけちゃうかもしれない…
例えば、おじいちゃんおばあちゃんへなにかプレゼントとか

【田中さん】
そうですね、なにか模様を描いてその上にお手紙とかメッセージを書いて送ったら喜ばれると思います。

【徳永DJ】
クリスマスカードとかにもなるかもしれません。
実際、講座をされてるんですよね?このパステル講座をされてみて、参加者の方ってどのように楽しまれてます?

【田中さん】
見ている児童館の先生たちは、「子供たちがこんなに集中するとは思えなかった」っていうことをよく仰るんです。
絵が苦手な子ってすごく多くて、みんな最初はそんなのできないとおっかなびっくりなんですけど、好きな色をけずって自由にぬっているうちに、だんだん解放されてきて、
今度はあの色をぬってみようとか、いろんなアイデアが出てきて、途中から私の指導はまったく必要ない感じで(笑)聞いてないって感じで目をキラキラさせて取り組んでますね。

【徳永DJ】
心が開放されいていくっていう、もともとそういった心のところからって仰ってたんで、すごく感じることが出来る場面なんですね~

【キムラDJ】
いいですよね~
お話を伺ってきましたけども、気になったっていうあなたは、パステルアートで例えばインターネットで検索かけたら出てくるものなんですか?

【田中さん】
出てきますね!

【キムラDJ】
じゃあ、そういうものも参考にしつつですね、チャレンジしてみたいと思います。
それでは、イノベーションアートの田中さん、最後にですね、子育てに奮闘中のパパママへメッセージをお願いします。

【田中さん】
パステルアートは普通の絵と違って、直接ゆびでぬるので、子供の頃の砂遊びのような感じで、パパママにも一緒に楽しんでいただけると思います。実際にお子さんよりも親御さんの方が熱中しているのをよく見かけます。

【キムラDJ】
しそう(笑)

【徳永DJ】
そう思います(笑)

【田中さん】
あまり難しく考えないで、どんどん好きな色を塗って、
指で塗る感覚をお子さんと一緒に楽しんでみてください。

【キムラDJ】
たくさんのお話ありがとうございました!

【徳永DJ】
パステルアートや講習会に興味を持たれた方は、インターネットのイクちゃんネットを開いて、
トップページの右上にある検索フォームで「イノベーションアート」と検索してみてください!
今日、田中さんにご登場いただきましたが、田中さんのところのイノベーションアートのお話を見ることが出来ます。
今日は、イノベーションアート 田中 亜希(たなか あき)さんに「親子でパステルアートに挑戦しよう!」というテーマでお話しを伺いました!
田中さん、どうもありがとうございました!!